お掃除豆知識

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、掃除の専門家がお掃除を代行してくれるサービスです。

自分でやるお掃除と違い、排水溝の中、レンジフードの油汚れ、お風呂の鏡のウロコ汚れなど、普段お掃除がしにくい場所をきれいにしてくれたり、汚れに合った洗剤を用いて目に見えない細菌まで除去してくれるというところに価値があります。

一時的にきれいにするのは当たり前。その上できれいに保つにはどうすれば良いかまで考え、実行してくれるのがハウスクリーニングのサービス内容なのです。

ハウスクリーニングはこんな人におすすめ

共働き(DINKS)の方や介護世代の方

仕事や介護で中々お掃除の時間が取れない家庭は、ハウスクリーニングの利用をおすすめします。捨てられない不用品のお片付けも含め、実施致します。

高齢世帯や身体が不自由な方

頑固な油汚れや換気扇・エアコンの清掃となると、中々の重労働です。高齢の方や身体が不自由な方には手が負えない部分がどうしても出てきます。そんな方にもハウスクリーニングはおすすめです。

大掃除を控えている方

「特定の箇所だけ掃除したいが、手間もかかるし専門技術も必要だ」または「大掃除はまるっと任せて別のことに時間を割きたい」という方は是非ご利用ください。不動産の引き渡しオフィス移転の際のクリーニングも人気があります。

引っ越しを控えている方

急な引っ越しで退去日が迫っている。普段のお仕事もあって中々整理の時間が取れない。でも、不動産屋と敷金でもめたくない…。お部屋の引き渡しが迫っている方こそ、ハウスクリーニングがおすすめです。

アレルギー対策や空間除菌をしたい方

ダニの死骸、花粉、カビなどを原因としてハウスダストが起こります。また、空間に潜む菌は目に見えないので、掃除する機会も少ないと思います。特に子どもの成長の過程で、こういったことが原因でアトピーやアレルギーになってしまうことも少なくありません。気になる方は、ハウスクリーニングを利用してみると良いでしょう。

法人の方

イベント後の原状回復、オフィスの清掃、不動産管理会社の退去後クリーニング、飲食店の掃除、ビル清掃など…法人様でハウスクリーニングが必要なシチュエーションはたくさんあります。特に人手が必要な場合は、ハウスクリーニングをおすすめします。

今すぐご予約・お問合せ

ハウスクリーニングをすると、どんなメリットがあるの?

お金の節約になる

エアコンなどは汚れていると無駄な電力を消耗することになるので、きちんとクリーニングすることは電気代の節約にもなります。

時間の節約になる

頑固な汚れがつきやすい油が跳ねる場所やカビの生える場所などは、汚れがつきにくくなるように作業をしてくれるため、時間の節約にもなります。フロアも一度コーティングを行うだけで、当面汚れがつきにくくなり、お掃除の手間が減ります。

お掃除スキルが上がる

作業をするのはハウスクリーニングのプロですので、どこをどういった道具を使ってどのように掃除すれば良いか熟知しています。そういったプロの技を教えてもらうことによって、普段のお掃除がより効果的に、効率的になるでしょう。

今すぐご予約・お問合せ

失敗しない不用品回収業者選びのポイント

「処分料込」のような表記

「処分料込」と表記している業者がありますが、例えばリサイクルできるものの場合、
リサイクル料がそれぞれかかるはずです。処分料込で回収してしまうと、リサイクル料の
分、業者が損してしまいます。

そのため、処分料とは別の名目を立てて、別途料金を請求される可能性があります。「処分料込」という表記には注意しましょう。

「なんでも回収」できるかのような表記

リサイクル品の回収であれば「古物商許可」、生ゴミなどの一般廃棄物を回収する場合、ほとんどの業者が持っていない「一般廃棄物収集運搬業許可」という許可が必要です。

もし、「生ゴミ」のようなものまで含めて何でも回収できると謳っている場合、その業者は違法業者の可能性があります。ちなみに、リサイクル品でも一般廃棄物でもない不用品の運搬自体に資格は必要ないので、そのような表記にもご注意ください。

折込チラシやマグネットを入れたり、スピーカーで巡回している業者

折込チラシの作成・ポスティング費用や、スピーカー巡回車の人件費・維持コストは意外と高く、そういった業者は作業費が他社より2~3割高くなる可能性があります。

料金をできるだけ安く抑えたい場合は、インターネットのみで宣伝している業者を選びましょう。

ホームページのURLが「https:」になっていない業者

「https:」というのはSSL化と言い、インターネットから受け取った個人情報を暗号化して保護するセキュリティが入っていることを示します。これが入っていないとURLが「http:」となり、安全な接続になっておらず、個人情報が流出するリスクがあります。

HPの運用が誠実でない業者はサービス自体も誠実でない可能性があります。お客様の大切な個人情報を守ってくれる業者を選びましょう。

不用品の数が少ないにも関わらず、訪問見積もりをしつこく迫ってくる業者

1~2点程度の不用品であれば、家電の種類、メーカー、型番、状態をヒアリングすることで電話口でも概算見積もりを出すことは可能です。しかし、「見なければ分からない」と
訪問見積もりを迫ってくる場合はしつこく営業される可能性があります。気をつけましょう。

不用品回収だけでなく、引っ越しやハウスクリーニングも同時実施できる業者

不用品回収以外のサービスも実施している業者では、不用品回収を依頼する際によくある引っ越しやハウスクリーニングとセットにすることで、値段が安くなる場合があります。
もしこれらのサービスもお考えであれば、両方できる業者を選ぶのもポイントです。