ハウスクリーニング豆知識

一人暮らしの掃除頻度は?掃除が面倒な方にもおすすめの方法を紹介

一人暮らしの方だと、清掃をしている時間がない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、一人暮らしの清掃頻度の実情、適切な清掃頻度についてまとめました。

また、本文の最後には、適切な清掃頻度を保てない方や、清掃が面倒な方に人気のハウスクリーニングについても紹介していますので、是非参考にしてくださいね!

実際の一人暮らしの掃除頻度のデータを公開

一人暮らしの方は、どれくらいの頻度で掃除をしているのでしょうか。日本リサーチセンターの調査を参考にして、清掃頻度の実情を見ていきましょう。

リビング・トイレの掃除は「週1回」が半数

一人暮らしの方のリビング・トイレの掃除頻度は「週1回」が半数近いようです。平日は忙しくて疲れているため、掃除機がけなどのある程度時間がかかる掃除は、週末にまとめて行うという方が多いです。

キッチンやお風呂の掃除は「每日」する人が3割

一方、キッチンやお風呂などの汚れやすい場所については、「每日」掃除する人も多いようです。約3割の人が每日掃除をしているという結果になりました。

水回りの汚れは定着してしまうと後処理が大変になるため、食後の片付けのついでに簡単な拭き掃除をしたり、お風呂から上る前に少し汚れを洗い流したりと、每日こまめに掃除をするようにしているという方が多いようです。

【参考】「家の掃除についての調査」|日本リサーチセンター

【参考】「一人暮らし女性の掃除頻度調査」|『マイナビウーマン』

一人暮らしの「場所別」適切な掃除頻度は?

一人暮らしの場合、部屋の清潔感を保つために、どれくらいの頻度で掃除をするべきなのでしょうか?以下では、一人暮らしの「適切な」掃除頻度について解説します。

リビングの掃除機がけは「週1回」・片付けは「每日」が適切

一人暮らしの場合は、日中は外出をしていて、リビングはあまり汚れないという方も多いと思います。そのような場合「掃除機がけ」の頻度は週1回で問題ないでしょう。

ただし、モノの整理やゴミ出しなどといった「片付け」は、放置すればするほど後から余計な手間が増えるため「每日」こまめにした方が良いでしょう。

ゴミを溜めないためには、分別ルールに従ってゴミ箱を必要数用意しておくのが良いでしょう。ペットボトル用のゴミ箱、燃えるゴミ用のゴミ箱などと用意しておけば分別が楽になりますよね。

また、書類も整理のルールを作りましょう。必要なもの・後で確認するもの・必要ないものに分けて、必要ないものはすぐに捨てるようにすれば片付けを効率化できます。

自分なりのマイルールをつくって、リビングをキレイに保てるように工夫しましょう

キッチンは、自炊をしない人なら「週1回」

キッチンの掃除は、自炊をほとんどしない人であれば「週1回」程度でも問題ないでしょう。

一方、自炊をする人は、「每日」簡単な掃除でも良いのでするようにしてください

食べ終わった後の食器洗いや、油や調味料等の汚れの拭き取りを怠ると、シンクに付いた汚れが定着してしまい、後から落とすのが大変になってしまうからです。

後片付けの時にシンクも一緒に磨くようにすることで、清潔な状態を保つように心がけましょう。

ベッドや布団は「週1回」はダニ対策を

ベッドの布団を洗って干すのが面倒な方もいるとは思いますが、週1回は布団カバーと枕カバーを洗濯して、布団本体は干すようにしましょう。

週1回の布団のケアを怠るとダニが繁殖してしまいます。

アレルギー疾患の原因の80%以上がダニによるものと言われており、ダニが繁殖することで、かゆみの原因になるだけでなく、様々な疾患を患う原因にもなります。

布団のケアは「週1回」を目安に必ず行うようにしましょう。

リビング、キッチン、寝室は最低でも週に

一人暮らしで掃除を怠るとどんな事が起こるの?

掃除を怠ってしまうと、どのような事が起こるのでしょうか?

退去時に敷金が返ってこなくなる

キッチンでの油汚れやトイレの黄ばみなど、特に水回りなどは、定期的に掃除をしないと汚れが定着して非常に頑固な汚れになってしまいます。

そのような汚れがあると、本来は退去時に返金されるはずの敷金が返却されないことがあります。掃除をしないことで、賃料の1ヶ月~3ヶ月分のお金を損してしまう可能性もあるのです。

害虫が発生する

部屋が汚れていると害虫が発生します。ゴキブリ・ムカデなどが代表的です。さらにそれらの害虫を餌にして、ネズミなどの害獣が連鎖的に発生します。ゴミや汚れを発信源とする害虫・害獣の生態系が出来上がってしまう可能性があるのです。

健康を害する

ゴミや汚れを放置していると、ホコリやカビがたまります。ホコリの中には、ダニの死骸なども含まれ、それらを吸い込むことによって、喘息などの心肺機能の疾患や、皮膚炎などの病気になる可能性が高まります。

集中力が低下する

物が多いと、人間の脳では情報処理の負荷が通常よりも多くかかるため、集中力や判断能力が低下してしまう可能性があります。また、汚れは人の脳に不快感を与えるため、精神的に疲弊し、仕事や勉強のパフォーマンスを低下させる危険性があります。

掃除は怠らずに、こまめに毎日やるべき!

いま掃除無精な一人暮らしに「半年に1回」のハウスクリーニングが人気!

一人暮らしだと、自分で掃除をしないと、どんどんゴミや汚れが溜まっていく一方ですよね。面倒だといって放置をしておくと、上述のような問題が発生してしまいます。

ところが現実は、本当は掃除をしなければいけないのに、忙しくてできていない一人暮らしの方が多いようです。昨今、そのような方に人気なのが「ハウスクリーニング」です。

自分で掃除することができないのであれば、他の人に頼めば良いのです。

単身世帯の忙しいビジネスマンの間で、ハウスクリーニングは非常に人気が高まっています。頻度としては、半年に1回程度の利用が多いようです。

忙しくて掃除できないときはハウスクリーニングの力を借りよう!

まとめ

一人暮らしの方だと、なかなか掃除をしたくてもできないという方も多いですよね。其のような場合は、単身世帯に人気が高い「ハウスクリーニング」を使って見るもの一手ですよ。

自分がやらなくてもいいことや苦手なことは、思い切ってプロに任せることです。ぜひ、あなたもプロのハウスクリーニングを検討してみてはいかがですか?